日本サッカー協会は25日、日本代表との国際親善試合のため来日した韓国代表チーム滞在ホテルの警備担当者1人が24日に新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けたと発表した。当該者は職務から離れ、韓国と日本の両代表チームやスタッフに濃厚接触者がいないことから、25日の試合は予定通り開催された。 
 今回はチームと外部の接触を遮断し、頻繁にPCR検査を実施することなどを条件に、海外からの入国が特例で認められて開催にこぎ着けた。(C)時事通信社