西村康稔経済再生担当相は25日、新型コロナウイルスの新規感染者数が急増する宮城県に対するまん延防止等重点措置の適用に関し、「今ただちに必要ではない」としつつ、特に病床の逼迫(ひっぱく)状況を見極めて慎重に判断する考えを示した。東京都内で記者団に語った。
 西村氏は「病床(使用率)が最も大事な指標だ」と指摘。医療提供体制の拡充を急ぐ考えを強調した。 (C)時事通信社