東京都の小池百合子知事は25日、自民党本部で二階俊博幹事長らと会談し、新型コロナウイルスのワクチン開発向け予算を拡充するよう要請した。小池氏が、都の研究機関で開発中のコロナワクチンについて説明したところ、二階氏は非常に関心を示したという。
 会談後、小池氏は記者団に「安全保障を考えると、やはり国産が必要ではないか。ぜひ国として研究開発を促進していただきたい。国民、都民の命を守ることにつながる」と強調。国内でのワクチン製造体制を急ぐよう訴えた。 (C)時事通信社