【ニューヨーク時事】米東部ニューヨーク市のデブラシオ市長は25日、新型コロナウイルス流行を受け昨年3月中旬から休演となっているブロードウェー公演について、9月の再開を目指し、劇場付近の検査所や業界関係者専用のワクチン接種施設を準備する計画を発表した。
 ニューヨークの演劇産業は10万人を雇用し、経済効果は年間150億ドル(約1.6兆円)に及ぶ。ブロードウェー公演は今年5月30日まで休演が決まっており、業界に深刻な打撃を与えている。デブラシオ市長は記者会見で「幕を上げる時だ」と強調した。
 市は今後4週間で劇場関係者専用のワクチン接種施設を設置。施設の人員には劇場関係者を雇う。公演前後に観客をどう管理するかも検討しているという。 (C)時事通信社