【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)は26日、今夏に開催される東京五輪の新型コロナウイルス対策で海外からの一般客受け入れを断念した日本側との合意に基づき、IOCの大会招待プログラムやオリンピアンらの招待を中止、または大幅に削減すると発表した。同日の理事会で決めた。
 約100人のIOC委員については来日を認めるが、他の関係者については「必要不可欠で運営上の役割を担う者にのみ大会認定証を与える」とし、同行者も認めないことにした。
 海外客の受け入れ断念は、20日に開かれたIOC、国際パラリンピック委員会(IPC)、大会組織委員会、日本政府、東京都による5者会談で合意された。IOCによると、日本政府がこの会談で大会関係者の資格認定証を大幅に減らす必要性を示したという。 (C)時事通信社