【ワシントン時事】米ABCテレビが28日発表した世論調査結果によると、バイデン大統領の新型コロナウイルス対応への支持率は72%だった。景気回復策に関しても60%が支持した。新型コロナのワクチン供給加速や、コロナ禍に対応する1兆9000億ドル(約208兆円)規模の追加経済対策法の成立が評価された形だ。
 西部コロラド州ボルダーや南部ジョージア州アトランタで銃撃事件が続く中、銃を使った暴力に対するバイデン氏の取り組みを支持するとした回答は42%にとどまった。深刻化する南部国境の不法越境者流入への対応でも、支持率は41%だった。
 調査は26、27両日、517人を対象に行われた。 (C)時事通信社