加藤勝信官房長官は29日の記者会見で、各地で新型コロナウイルスの新規感染者数が増加の傾向を示していることに関し、「東京都と大阪府、宮城県、沖縄県などの一部地域で増加傾向となっており、感染の再拡大に強い警戒感をもって対応すべきだと考えている」との認識を示した。その上で「大事なことは大きな流行にしないことだ。政府としてもしっかりと(自治体と)連携しながら対応していく」と述べた。 (C)時事通信社