愛知県の大村秀章知事は29日の記者会見で、名古屋市内の酒類を扱う全飲食店に要請している営業時間短縮について、31日までとしていた期限を4月21日まで延長する方針を表明した。
 大村氏は県内の新規感染者数が3月半ば以降、「じわじわと増加しているのは事実」と指摘。第4波が起きないよう、一定の規制を続ける必要があると判断した。営業時間は午後10時までで、協力金は1日2万円と従来通りとする。
 首都圏1都3県と大阪府の飲食店への時短要請が4月21日までであることを踏まえた。大村氏は「気を緩めずに感染防止対策をやっていくというメッセージだ」と説明。今後感染が一段と拡大した場合、21日を待たず規制強化など機動的に対応していく意向を示した。
 沖縄県の玉城デニー知事も29日に記者会見し、那覇、糸満、浦添各市を含む20市町村の飲食店を対象に、午後9時までの時短要請を発表。「残念ながら第4波が到来したと言わざるを得ない」と述べた。期間は4月1日から21日まで。 (C)時事通信社