立憲民主党の枝野幸男代表は29日の党会合で、新型コロナウイルスの感染が再び拡大傾向にあることについて、「政府が何ら手を打たずに、ただ営業短縮と自粛だけを求めてきたことに大きな問題、責任がある」と批判した。
 枝野氏は政府による検査拡大や時短営業に応じた事業者への十分な補償の必要性に重ねて言及した上で、「国民にお願いするだけでは、社会も暮らしも経済もめちゃくちゃになる。政治そのものを変えるしかない」と強調した。
 共産党の小池晃書記局長も記者会見で「十分な補償などの具体的な対策なしに、ただ単に(緊急事態などの)宣言を出しても解決しない」と指摘した。 (C)時事通信社