JR西日本は29日、2021年春闘で労働組合に対し、夏季一時金(ボーナス)を1.3カ月分にすると回答した。1987年の会社発足以来、最低水準となる。前年の夏は2.69カ月分支給していたため、ほぼ半減となる。新型コロナウイルスの影響で、新幹線や在来線の鉄道利用が減少して業績が悪化しているほか、今後の回復の見通しも不透明なため。 (C)時事通信社