全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)は29日、新型コロナウイルス対策をめぐり山本博司厚生労働副大臣らとテレビ会議で意見交換した。知事会は、感染再拡大(リバウンド)の防止に向けた積極的疫学調査への支援などを要請した。
 飯泉氏は冒頭、「宮城、山形をはじめ大阪、愛媛、沖縄など複数の地域で感染の再拡大がみられる。リバウンドを前提とした対策が必要ではないか」と指摘。「国と自治体が、これまで以上に連携していくことが重要だ」と強調した。 (C)時事通信社