【台北時事】パラオのウィップス大統領は29日夜、訪問先の台北で記者会見し、パラオが新型コロナウイルスの封じ込めに成功したのは「台湾の医療協力があったからだ」と、外交関係を結ぶ台湾に謝意を表明した。その上で、「本当の友達とはどんな時も味方になってくれるものだ。台湾はまさにそのような友達だ」と述べ、台湾との「強固な関係」を繰り返し強調した。
 パラオが台湾との関係を維持・強化する中で、中国からの圧力にさらされている現状について記者から問われると、「国と国との往来に必要なのは相互信頼と互恵であり、脅迫や政治ゲームではない」と中国を切り捨てた。 (C)時事通信社