厚生労働省が30日発表した2月の有効求人倍率(季節調整値)は、前月比0.01ポイント低下の1.09倍となった。5カ月ぶりの悪化。新型コロナウイルスの感染再拡大に伴う年初からの緊急事態宣言で先行き不安が高まり、外出自粛の影響が長引く宿泊・飲食業などで採用意欲が低下している。
 総務省が同日発表した2月の労働力調査によると、完全失業率(同)は横ばいの2.9%だった。
 有効求人倍率は、ハローワークに申し込んだ求職者1人当たりの求人数を示す。2月の有効求人数は前月比1.5%減で、昨年6月以来の落ち込み幅となった。有効求職者数は0.3%減だった。
 産業別の新規求人数(原数値)は、宿泊・飲食サービス業が前年同月比41.0%の大幅減で、回復の遅れが目立っている。製造業は9.8%減。 (C)時事通信社