【ビジネスワイヤ】デンマークの業務用サービスロボット開発企業のブルー・オーシャン・ロボティクスは、子会社UVDロボッツの自律型消毒用ロボットが米ニューメキシコ州のギャラップ・マッキンリー郡学区から採用されたと発表した。同社はコロナウイルスなどの感染症対策として、自律型消毒用UVDロボット37台を同学区の学校に供給する。これらのロボットはUVC光で物体表面や空気中の微生物の99.99%を約10分以内に死滅させる。(C)時事通信社