コニカミノルタは30日、新型コロナウイルス感染症の重症化判定に使用する「パルスオキシメーター」を増産すると発表した。生産能力をコロナ前の約20倍に引き上げる。血液中に溶けている酸素の量を指先で測定できる医療機器で、呼吸がうまくできているかを確認するのに役立つ。
 自宅療養中のコロナ患者に貸し出す自治体の増加で一般の関心が高まり、供給が不足しているため、増産で応える。 (C)時事通信社