大阪府の吉村洋文知事は30日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、特別措置法に基づく「まん延防止等重点措置」について「(大阪の)感染状況は1週間で急激に増えている。速やかに(適用を)判断すべきだ」と述べ、国に早期適用を求める考えを示した。府庁で記者団に語った。
 松井一郎大阪市長も市役所で記者団に「来週月曜日(4月5日)から大阪市内に導入してほしい」と強調。現在市内の飲食店などに府が要請している午後9時までの時短営業についても「市内(での感染)が急拡大しているので、一定の見直しは必要だ」とし、規制強化すべきだとの考えを述べた。 (C)時事通信社