全国知事会の飯泉嘉門会長(徳島県知事)らは30日、新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、河野太郎規制改革担当相とテレビ会議で意見交換した。飯泉氏は終了後の記者会見で、複数種類のワクチンが国内で使用可能となった場合の選択の可否について「困惑を招いてしまうので、統一的な見解を」と苦言を呈したことを明らかにした。
 これに対し、河野氏は「今はまだワクチンを選べる段階ではない。これが統一見解だ」と応じたという。
 ワクチンに関しては、担当の小林史明大臣補佐官が民放番組で選択可能とする見解を示したが、その発言を河野氏が撤回していた。 (C)時事通信社