国際オリンピック委員会(IOC)名誉委員の猪谷千春さん(89)が30日、群馬県の聖火リレーで同日の最終ランナーを務めた。群馬県内の聖火ランナーで最高齢の猪谷さんは、セレブレーション会場の前橋公園内を手を振りながら走り、ステージ上の聖火皿に点火。「聖火が人々の絆を一層深め、世界が一つになって一日も早く新型コロナウイルスを克服してほしい」と話した。
 猪谷さんは1956年コルティナダンペッツォ冬季五輪のアルペンスキー男子回転で、冬季で日本人初のメダルとなる銀メダルを獲得した。前橋市は幼少期にスキーの練習に励んだ赤城山の麓。「ふるさと(ともいえる)前橋市で聖火を運ばせていただいたことは、本当に光栄でうれしい」と笑顔を見せた。 (C)時事通信社