【ベルリン時事】ドイツ政府は30日、英製薬大手アストラゼネカの新型コロナウイルスワクチンについて、60歳未満への接種を原則停止することを決めた。医師が個別にリスクを評価した上での接種は認める。
 独政府の諮問機関である予防接種常任委員会(STIKO)は同日、接種後の副反応として、まれに起きる重篤な血栓症は60歳未満に集中しているため、接種は60歳以上とするよう推奨する見解を示した。記者会見したメルケル首相は、決定はワクチンへの信頼を維持するためだと強調。ただ、ドイツは他国と比べてワクチン接種が遅れており、シュパーン保健相は「明白な後退だ」と認めた。 (C)時事通信社