政府の新型コロナウイルス対策分科会の尾身茂会長は31日の衆院厚生労働委員会で、大阪府に対する「まん延防止等重点措置」について「発令を検討する時期に来ている」と述べた。立憲民主党の山井和則氏への答弁。
 尾身氏は大阪府の状況について「感染レベルは(緊急事態宣言の対象となる)ステージ4に近づきつつある」との見方を示したほか、変異ウイルスの拡大に伴い、医療提供体制も負担が大きくなっていると指摘。今後の「第4波」を見据え、変異ウイルスの高い感染力も考慮し、「感染拡大の兆候があったら、まん延防止等重点措置を含めた強い対策を打つことが必要だ」と強調した。 (C)時事通信社