菅義偉首相は31日の衆院内閣委員会で、新型コロナウイルスのワクチン接種をめぐり小林史明大臣補佐官が国民が希望するワクチンを選択できると言及したことについて「不用意な発言だった」と釈明した。河野太郎規制改革担当相が小林氏を注意したことも明かした。
 立憲民主党の今井雅人氏は、河野氏が小林氏の発言を打ち消すなど政府の発信が混乱したと指摘。首相は「大臣を中心に一致結束して取り組む問題だ。私も申し訳なく思っている」と語った。
 首相は厚生労働省職員が深夜まで宴会を開いていた問題に関し、「大変国民の皆さんに申し訳なく、心からおわびする」と陳謝。「再び起こることのないようにしっかりと綱紀粛正に取り組んでいきたい」と強調した。 (C)時事通信社