職場でのマスク着用拒否を理由に、雇用を打ち切ったのは違法だとして、大阪府の40代男性が31日、KDDIの子会社「KDDIエボルバ」(東京都)に損害賠償などを求める訴訟を大阪地裁に起こした。原告側代理人によると、マスク着用をめぐる雇用トラブルで提訴は初めてという。
 訴状によると、男性は2015年から契約社員として大阪市内のコールセンターに勤務。アトピー性皮膚炎のため、以前マスクを着用した際、目も開けられないほど症状が悪化したことがあった。
 新型コロナウイルス対策で、20年10月から会社が支給したマウスシールドを着けたが、上司はマスク着用を要求した。男性は「マスクを着けた方が(皮膚炎の)症状が出やすい」とする医師の診断書を提出。在宅勤務などの代替案も出したが会社側は応じず、今年2月に雇用を打ち切った。
 男性は「少数者が非難されるのではなく、配慮される社会であってほしい」とコメント。代理人弁護士は「マスク着用に固執することだけが正しい安全配慮とは言えない」と話した。
 KDDIエボルバの話 訴状が届いていないのでコメントは差し控える。 (C)時事通信社