ヤクルトは31日、西田明央捕手と20代の球団スタッフが新型コロナウイルスの検査で陽性と判定されたと発表した。2人は無症状で自宅で隔離される。30日に別の関係者の陽性が判明し、監督、コーチ、選手らがPCR検査を受けていた。
 球団は西田に加え、濃厚接触の可能性があったアルバート・スアレス投手、山田哲人、西浦直亨、内川聖一の3内野手、青木宣親外野手について「感染拡大防止特例2021」を適用し、31日に登録を抹消した。そのうち青木、内川は所轄保健所から濃厚接触者と認定されたため、4月13日まで自宅で隔離される。
 スアレス、山田、西浦は10日間を経ずに再登録が可能で、自宅待機になっていた山野太一投手とともに4月1日にチームに合流予定。 (C)時事通信社