千葉県は31日、健康福祉部などの男女職員4人が千葉市内の飲食店で、送別会を兼ねた会食を深夜までしていたと発表した。新型コロナウイルスの緊急事態宣言解除後、県は飲食店などに午後9時までの営業時間短縮を要請。県民に歓送迎会などを控えるよう求めている。
 会食したのは健康福祉部の30代職員3人と環境生活部の20代職員。4人は3月29日午後6時から同9時まで千葉市内の飲食店で会食。その後、同市内の居酒屋に移り、同11時半まで二次会を開いた。
 店にいたとみられる県民からの通報で発覚。会食中はマスクを着用していたが、居酒屋には飛まつ防止のアクリル板などはなかった。4人は「軽率だった」などと話しているという。両部長は4人に厳重注意した。 (C)時事通信社