バスケットボール男子のBリーグは31日、所属チームを対象に29、30の両日実施した新型コロナウイルスの統一検査の結果、1部の三河と広島でそれぞれ1人、2部香川で3人、審判員1人の計6人が陽性と判定されたと発表した。
 また、1部A東京では31日に選手1人の感染が判明し、同日の川崎戦が中止となった。Bリーグでは複数のチームで感染が分かり、規定による試合中止が相次いでいる。 (C)時事通信社