自民党は31日、党所属国会議員らが地元支持者を対象に行った国政に関する意見聴取の概要を公表した。「新型コロナウイルス対策」が25.5%を占めて最多。税・社会保険料の減免や、ワクチン接種体制の迅速な構築などを求める意見が寄せられたという。
 衆院選をにらみ、衆参国会議員と選挙区支部長が電話などで意見を聴取し、5項目程度にまとめた。29日時点で集まった項目数は1612だった。 (C)時事通信社