日本郵船のグループ会社、郵船クルーズ(横浜市)は31日、日本船籍として最大規模となる豪華客船を新造すると発表した。ドイツの企業と造船契約を結んだ。就航は2025年の予定。新型コロナウイルス流行の影響で足元の事業環境は厳しいが、感染収束後の需要拡大をにらみ、建造に踏み切る。
 総トン数は5万1950トンで、郵船クルーズが運航する「飛鳥II」の5万444トンから大型化する。一方、乗客定員は約740人(飛鳥IIは872人)に絞ることでゆとりを持たせ、乗客へのサービスを手厚くする。展望露天風呂のほか、全ての客室にバルコニーを設ける計画だ。 (C)時事通信社