【ロンドン時事】世界貿易機関(WTO)は31日、2021年の世界の貿易量が前年比8.0%増と急回復するとの予測を発表した。新型コロナウイルスの世界的流行で20年は停滞したが、世界経済の回復を背景に早期に持ち直しそうだ。
 20年は前年比5.3%減だった。1930年代の大恐慌に匹敵する急激な落ち込みの可能性も指摘されていたが、各国政府・中央銀行による景気刺激策が下支えする形で、比較的軽微な影響にとどまった。 (C)時事通信社