【モスクワ時事】ロシアの動物検疫当局は31日、動物向けの新型コロナウイルスワクチンがロシア国内で承認されたと発表した。「カルニワク・コブ」という名称で、世界初の動物向けワクチンと説明している。
 昨年10月からイヌやネコ、キツネ、ミンクなどを対象に実験を行ってきた。動物検疫当局は「ワクチンを接種した動物の100%に抗体が作られた」と効果を強調。4月にも量産開始が可能という。 (C)時事通信社