立憲民主党の安住淳国対委員長は1日、新型コロナウイルス感染が急拡大する大阪府と宮城、兵庫両県への「まん延防止等重点措置」適用について、「感染者数や(感染の)広がりの速度を考えると、緊急事態宣言を発出するような事態だ。まん延防止で対応するのは無理があるのではないか」と述べた。国会内で記者団に語った。
 また、安住氏は「(先の)緊急事態宣言の解除が早かった。菅内閣の政策判断は間違っていたのではないか」と批判した。
 一方、公明党の山口那津男代表は党会合で「(まん延防止は)緊急事態宣言とは違い、もう少し小回りの利く、ポイントを絞った措置が取れる」と評価。「今後も注意深く、感染拡大をいかに防いでいくかに全力を挙げたい」と語った。 (C)時事通信社