大阪府で新型コロナウイルス感染拡大への懸念が強まっている問題で、東京五輪・パラリンピック組織委員会は1日、13日と14日に府内で計画されている五輪聖火リレーの実施方法について「地元自治体と緊密に協議し、できるだけ早く決定する」との声明を発表した。組織委はこの日、報道陣向けに大阪府のリレーの取材案内やランナーリストを公表予定だったが、延期した。
 大阪府の吉村洋文知事や大阪市の松井一郎市長は、14日に予定される大阪市内でのリレーは中止すべきだとの考えを表明している。組織委は「自治体(の意向)を尊重して安全最優先で運営する」と繰り返した。 (C)時事通信社