【ビジネスワイヤ】武田薬品工業は、同社が所有する武田コンシューマーヘルスケア(TCHC、東京都千代田区)全株式の米ブラックストーン・グループへの譲渡を完了したと発表した。株式譲渡価額は約2300億円となる見込み。TCHCは日本初のビタミンB1製剤「アリナミン」や総合感冒薬「ベンザ」などを手掛ける。今後、武田薬品の連結子会社から除外され、「アリナミン製薬」として事業を運営していく。今回の株式譲渡は武田薬品のポートフォリオを最適化する資産売却戦略の一環。(C)時事通信社