【ブリュッセル時事】ベルギーのブリュッセル第一審裁判所は3月31日、新型コロナウイルス対策で政府が講じている規制措置について、「法的根拠が不十分」だと認定した。政府に対し30日以内に必要な法整備を進めるか、措置を解除するかするよう命じ、従わない場合は1日5000ユーロ(約65万円)の制裁金を科す。地元メディアが報じた。
 議会を介さず省令のみで規制措置が決定されることを問題視した。政府は同日、控訴を表明。声明で「現在の措置は適用され続ける」と強調した。一方、政府は議会関与を強めるパンデミック(世界的大流行)対策の法案も準備している。
 人権団体は、法律を制定せずに自由を制約し罰金を科すのは政府の越権行為だと訴えていた。
 ベルギー政府は現在、感染封じ込めのため、夜間外出や不要不急の国外渡航の禁止、集会人数制限などの措置を導入している。感染再拡大を受け3月24日には学校閉鎖など対策強化も決めた。 (C)時事通信社