【ビジネスワイヤ】オーストリアの製薬会社AOPオーファンは、台湾の薬華医薬に対するICC仲裁裁判所の仲裁裁定が、フランクフルト上級地裁で支持されたと発表した。AOPオーファンは、薬華医薬が発見したロペグインターフェロン・アルファ-2bの欧州などでの臨床開発と商品化に関する独占的権利を2009年に得ていたが、薬華医薬は2017年以後に契約解除を複数回にわたって試みてきた。ICC仲裁裁判所は、契約解除の試みに正当性がないと判断し、プロジェクト遅延に対する損害賠償を受ける権利をAOPオーファンに対して認めていた。薬華医薬は2020年12月に、この仲裁裁定を破棄する申し立てをフランクフルト上級地裁に提出したが、今回、同地裁はICC仲裁裁判所による仲裁に有効性があるとの判断を示した。(C)時事通信社