立憲民主党の枝野幸男代表は2日の記者会見で、政府が大阪、兵庫、宮城の3府県に新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」適用を決めたことについて「予定の効果が上がらなければ内閣総辞職だ」と述べ、結果次第で菅義偉首相の責任を問うていく考えを示した。
 枝野氏は「適切な対応を打たず、拙速に緊急事態宣言の解除を行った。明らかに政治の失敗だ」と指摘。「既に感染がまん延している状況には緊急事態宣言だ」とも語り、3府県には3度目の宣言発令が必要と強調した。 (C)時事通信社