帝国データバンクが2日発表した2020年度の飲食店倒産動向調査(負債額1000万円以上)によると、酒場・ビアホールの倒産が183件と過去最多になった。同社は「新型コロナウイルス感染拡大を防ぐための営業時間短縮要請で、夜に酒類を提供しづらかったことが響いた」と分析している。 (C)時事通信社