大阪、兵庫、宮城の3府県に対する新型コロナウイルス対策の「まん延防止等重点措置」適用決定を受け、政府内では2日、首都圏を含む各地での感染拡大に警戒感が広がった。西村康稔経済再生担当相は記者会見で「それぞれの知事と連携し、まん延防止措置の機動的な活用を含め適切に対応する」と強調した。
 田村憲久厚生労働相は会見で、東京都の感染状況について「関西が緊急事態宣言の解除後、ひと月で急激な感染拡大に(なった)。東京もそうならないとは言えない」と指摘。人口が集中する首都圏からの感染再拡大を防ぐため、「政府、自治体を挙げ最大の努力をしたい」と述べた。 (C)時事通信社