防衛省統合幕僚監部は3日までに、海上自衛隊の海賊対処活動を支援する拠点となっているジブチで、20代と30代の陸上自衛隊員2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。
 2人は、2日に発熱や頭痛などの症状を訴え、検査で新型コロナ陽性となった。濃厚接触者や感染経路を調べている。現時点では活動に影響はないとしている。
 ジブチは海賊対処活動で派遣されている護衛艦やP3C哨戒機の補給や整備の拠点。地上施設の警備・維持のため、陸自隊員約80人が派遣されている。 (C)時事通信社