【サンパウロ時事】アルゼンチンのフェルナンデス大統領は3日、新型コロナウイルスの抗原検査で陽性反応が出たことを明らかにした。確認のためPCR検査の結果を待っているという。同氏は今年に入ってロシア製ワクチン「スプートニクV」の接種を受けていた。
 フェルナンデス氏はツイッターで、発熱と軽い頭痛があったため2日に検査したところ、陽性だったと説明。この日62歳となった同氏は「このようなニュースなしで誕生日を終えたかったが、私は元気だ」と強調した。 (C)時事通信社