大阪市は3日、高齢施設課の職員9人が3月26日夜に市内の焼き肉店で開かれた送別会に参加し、うち2人が新型コロナウイルスに感染したと発表した。同課担当者は「あってはならない事態だ。4人以下での会食を府民にお願いしていたのに、大変申し訳ない」と謝罪した。
 同課によると、異動する前課長の送別会で、前課長を含む課員の大半が出席したという。午後6時から約2時間半続き、マスクを外して会話していた時間もあったとみられる。二つのテーブルに分かれており、9人のうち1人は送別会が終わる間際に参加したという。参加した職員がその後に体調不良を訴えたことで感染が発覚した。 (C)時事通信社