プロ野球巨人は4日、丸佳浩外野手と中島宏之、若林晃弘両内野手の3人が医療機関で新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査を受け、それぞれ陽性と判定されたと発表した。球団の追加検査で陽性となったゼラス・ウィーラー内野手は、同日のヤクルト戦開始前に先発メンバーから外れ、改めて医療機関でPCR検査を受ける。
 4人とも無症状という。丸は家庭内感染を避けるため、医療機関に入院。中島と若林は自宅で待機している。亀井善行外野手と増田大輝、北村拓己両内野手の3選手を含め、陽性者と接触頻度が高かった関係者10人は自主的に隔離した。今後は保健所が濃厚接触者の特定を進める。
 球団は丸や中島、亀井ら6選手に「感染拡大防止特例2021」を適用し、4日に出場選手登録を抹消。復帰可能になれば、抹消から10日間を経ずに再登録ができる。
 球団は1軍の選手や監督らに対し、5日に再び追加検査を実施。チームは6日から阪神3連戦(甲子園)が控えている。 (C)時事通信社