日本水泳連盟は4日、水球男子代表の合宿参加者から計7人の新型コロナウイルス感染者が確認されたと発表した。合宿は3月16~24日に和歌山市で実施。30日に体調不良を訴えた選手1人が検査で陽性となり、合宿参加者に検査を実施したところ、選手22人、スタッフ8人のうち計7人の感染が確認された。保健所の指示により隔離措置が取られているが、全員が軽症という。
 参加選手らは合宿以外でもともに行動しており感染源の特定は難しいが、日本水連は合宿でクラスター(感染者集団)が発生した可能性が高いとしている。 (C)時事通信社