プロ野球楽天は4日、本拠地を置く宮城県に新型コロナウイルス対策として5日から「まん延防止等重点措置」が適用されることを受け、楽天生命パーク宮城で行う9日から5月2日までの12試合に関して、前売り券の新規販売を4月5日午後9時に停止すると発表した。それまでに購入したチケットは有効。当日券の販売も中止する。
 県は同球場も含めた仙台市内の運動施設などに午後8時までの時短営業の協力を呼び掛ける方針だが、試合開始時間の変更については1球団で決められないため、協議中だという。
 球場内の飲食店の営業や売り子による販売はナイターでは午後8時に終了し、アルコール類の販売も同7時までとする。 (C)時事通信社