大阪府の吉村洋文知事は4日、大阪市内で14日に予定されている五輪聖火リレーについて、東京五輪・パラリンピック組織委員会が7日に実施方針を明らかにすると語った。府庁で記者団の取材に応じた。
 吉村氏は公道での開催を中止する意向を示しており、聖火を持ったランナーが公道以外の場所を走行し、家族や関係者のみに公開する代替措置を組織委と調整中だとしている。吉村氏は「新型コロナウイルス対策で絶対『密』にならないという仕組みで考えている」と述べた。 (C)時事通信社