東京都の小池百合子知事は4日、西村康稔経済再生担当相と会談し、新型コロナウイルスの都内での感染状況や、関西で広がる感染力の強い変異ウイルスなどをめぐり意見交換した。新型コロナ対策の「まん延防止等重点措置」に関し、小池氏は記者団に「現状の分析や、今後注意していくことなどを確認した」と説明。都への対象地域拡大の可能性についても議論したとみられる。
 小池氏はまた「(新規感染者の)増加傾向が続いているので、連携を取っていこうとの意識を共有した」とし、政府と共に今後の感染状況を注視していく考えを示した。 (C)時事通信社