プロ野球とサッカーJリーグによる新型コロナウイルス対策連絡会議が5日、オンラインで開かれた。新型コロナの集団感染が起きたJ1・G大阪のウイルスを全遺伝情報(ゲノム)解析した結果、当初予想したバス内ではなく、ロッカールームで感染が広がった可能性があることが報告された。
 専門家チームは、バスでは感染対策が十分されていた一方、ロッカールームでは試合と練習の前後に選手同士の会話が頻繁に行われることを指摘し、換気対策の見直しなどを提言。三鴨広繁・愛知医科大教授は「ロッカールームでも、マスクを着けて会話をすることが大事」と述べた。 
 プロ野球では、出入り業者との接触で感染が広がった可能性がある事例も確認され、今後は陽性判定者が続くヤクルトや巨人でもゲノム解析を行い、拡大経路を調べる方針。
 Jリーグは試合直前に陽性者が確認された場合に、限定的に試合会場で検査を行う具体的な検討に入った。6日の実行委員会で議論される。(C)時事通信社