菅義偉首相は5日の参院決算委員会で、全国的に悪化している新型コロナウイルスの感染状況について「強い警戒感を持って対応する必要がある」と表明した。同時に「現時点で第4波といった全国的な大きなうねりとまではなっていない」との認識も示した。立憲民主党の古賀之士氏への答弁。
 参考人として出席した政府の新型コロナ対策分科会の尾身茂会長は、東京都の現状について「大阪のような状況になる可能性がある」と述べ、感染急増に対する危機感を強調。変異ウイルスの感染力が徐々に強まっているとして警戒を訴えた。立憲の田名部匡代氏らへの答弁。大阪、兵庫、宮城の3府県では5日、「まん延防止等重点措置」の適用が始まった。
 西村康稔経済再生担当相は、3府県の府県庁所在地である大阪、神戸、仙台各市が緊急事態宣言の対象となる「ステージ4」相当の段階に入ったと分析。まん延防止措置を解除するには、ステージ3に状況を改善させ、各府県全域への感染拡大を防ぐ必要があると指摘した。
 首相は「感染対策に奇策はない」と述べ、マスク、手洗いなど基本動作の徹底を呼び掛けた。日本維新の会の清水貴之氏への答弁。 (C)時事通信社