JR九州は5日、九州に事業基盤を置く中小企業などを対象にした地域特化型のファンドを1日付で設立したと発表した。投資ファンド「ジェイ・ウィル・グループ」(JWグループ、東京)と共同で手掛けるもので、総額は50億円規模。新型コロナウイルス禍での業績悪化や、後継者不足に悩む企業に投資する方針。今後ファンドビジネスを新たな収益の柱にしていきたい考え。 (C)時事通信社