立憲民主党の枝野幸男代表は5日の党会合で、新型コロナウイルス感染の全国的な拡大について「まん延防止等重点措置が必要なのはまさに東京、首都圏ではないか。にもかかわらず全く手が打たれていない。後手に回っている」と述べ、早急な対応が必要との考えを強調した。
 菅義偉首相が同日、感染状況を「第4波」ではないとの認識を示したことについては「物事を小さく見よう、受け止めようとしている。危機感を政府が持たなければ、国民にいくらお願いしても応じてもらえない」と指摘した。
 共産党の小池晃書記局長は記者会見で「第4波のうねりが始まりつつあるとの認識の下に、危機感を持って対応を強めるべきだ」と訴えた。 (C)時事通信社