巨人は5日、新型コロナウイルスの検査で陽性判定を受けた丸佳浩外野手らと接触頻度が高かった亀井善行外野手ら3選手について、保健所に濃厚接触者として認定されなかったと発表した。
 チームから隔離されていた亀井と増田大輝、北村拓己両内野手は4日に「感染拡大防止特例2021」に基づき出場選手登録を外れたが、10日間を経ずに再登録が可能なため、近く1軍に復帰する。この他、栄養士1人が濃厚接触者と認定された。
 4日に球団が行った検査で陽性だったゼラス・ウィーラー内野手は、医療機関でのPCR検査でも陽性判定だった。5日に特例を適用して1軍登録を抹消した。
 球団は5日にも検査を実施し、1軍の選手ら86人は全員が陰性だった。巨人では丸とウィーラーに加え、中島宏之、若林晃弘両内野手の陽性が判明していた。 (C)時事通信社